骨がない場合のインプラント|痛くないインプラント手術や入れ歯なら 《無痛インプラント銀座センター》

無痛インプラント銀座センター
ご予約フォーム
無痛インプラント
骨がない時のインプラント

骨の細胞にも寿命があり、古くなった骨細胞は破骨細胞によって吸収され、新たな骨細胞を作る骨芽細胞が産生されることにより代謝を繰り返します。

歯を抜いた部位の歯槽骨は、歯根膜(歯の根の靭帯組織)からの血流がなくなり、高さ・幅ともに痩せていきます。

そのため、いざインプラントを行おうとしても骨の高さや幅が足らずに無理な手術を行ったり、手術自体を断念しなければならない場合もあります。

しかし、インプラントを諦めて部分入れ歯などで代用することに強い抵抗感をお持ちの方も少なくありません。

そこで、機能的なインプラントを成立させるために様々な骨造成テクニックが必要となってきます。

今までインプラントを諦めていた方にも機能性と審美性を兼ねそろえたインプラント治療が可能になる骨造成テクニックをご覧いただきます。

骨がない場合のインプラント

上顎洞拳上術

ソケットリフト
ソケットリフトとは、上顎の骨にインプラントを埋込む穴をあけて、人工骨を入れシュナイダー膜を押し上げ、骨の移植と同時にインプラントを入れることができる方法です。

ソケットリフト1

ソケットリフト2

ソケットリフト3

サイナスリフト
サイナスリフトとは、上顎洞底挙上術の事です。
上顎骨には、大きな空洞が存在します。上顎洞に移植骨やインプラント本体の一部を挿入して、上顎洞を押し上げる技術が開発されました。これが上顎洞底挙上術です。

サイナス1

サイナス2

サイナス3

サイナスCT1

サイナスCT2

サイナス前拡大表示
サイナス後拡大表示
サイナス+埋入後拡大表示