治療費・医療費控除|痛くないインプラント手術や入れ歯なら 《無痛インプラント銀座センター》

無痛インプラント銀座センター
ご予約フォーム
無痛インプラント
治療費・医療費控除

インプラントの構造は下記のように、上部構造体・アバットメント・インプラント体(フィクスチャー)の大きく3つの部位に分けることができます。

上部構造 最高品質のジルコニアオールセラミックからゴールドなどのメタルクラウンまでご予算や部位によってお選びいただけます。
アバットメント 通常はチタン製ですが、審美性が要求される部位では最高品質のジルコニアセラミックで製作することもできます。
インプラント体(フィクスチャー) 当院では世界最高品質を誇るノーベルバイオケア社製のインプラントフィクスチャーを使用しています。
フィクスチャーは、骨と結合したら後で取り換えることのできないものですので、安全性と安定性が保証された製品を使用しなければなりません。
インプラントの構造
フィクスチャー埋入費用 25万円/本
30万円/本
アバットメントチタン製 3万円/本
アバットメントジルコニア製 5万円/本
上部構造(仮歯代含む)
ジルコニアオールセラミック
(プレミアム)
20万円/1箇所
上部構造(仮歯代含む)
ジルコニアオールセラミック
(スーペリア)
17万円/本
上部構造(仮歯代含む)
メタルボンドセラミック
12万円/本
上部構造(仮歯代含む)
オールセラミック
12万円/本
簡単な骨造成 5万円/1箇所
中等度の骨造成 15万円/1箇所
ブロック骨移植 25万円/1箇所
ソケットリフト 5万円/1箇所
サイナスリフト 25万円/片側
粘膜移植 5万円/1箇所

※フィクスチャー埋入費用は、インプラントにより異なります。

インプラント治療の医療費控除

自分や家族が病気になり医療費を支払った場合には、支払った医療費のうち一定の金額を所得から控除することができます。これを「医療費控除」と言います。インプラント治療に関しても対象となりえます。

医療費控除

※1 生命保険・医療保険契約などで支給される給付金
※2 その年の所得の合計が200万円未満の人は、10万円ではなく所得の5%の金額となります。

インプラント治療費の合計 年収400万円の方の医療費控除額(所得税還付金+翌年減額される住民税) 年収600万円の方の医療費控除額(所得税還付金+翌年減額される住民税) 年収800万円の方の医療費控除額(所得税還付金+翌年減額される住民税)
50万円 12万円 12万円 13万2千円
100万円 27万円 27万円 29万7千円
150万円 42万円 42万円 46万2千円
200万円 57万円 57万円 62万7千円

年収600万円の方が150万円のインプラント治療費を支払った場合、42万円の医療費控除が受けられますので、実際の治療費は108万円となります。

*概算ですので、詳細は税務署にお問い合わせください。